慶應124三田会

慶應124三田会 トップページ >同期生情報>堀雅尚さん
絆
堀雅尚さん
プロフィール
124三田会 副代表幹事 堀雅尚さん
株式会社ファイコーポレーション代表取締役 プリント基板製造機械設計製造販売
幼稚舎 普通部 塾高 法学部法律学科卒業 体育会洋弓部
ファイコーポレーション ホームページ

   
インタビュー
「WHY」(ファイ)
--- お仕事の「プリント基板製造機械製造」についてお聞きしたいのですが?
    我々のお客さんが作るプリント基板は各製品によってサイズや内容が全く違います。
製造工場、つまりお客さんの工場の規模も内容も全く違う。ということで、製造機械のほとんどがオーダーメイドなんです。
ということで、設計やアイデアが重要になります。
プリント基板はゲーム機やカメラ、自動車などにも使われていて、ドンドン増えているのが現状です。
ただこの製造設備を作っている会社は大きな会社はありません。割と中小企業が多い。というのは数は売れないんですね。
ということでお客さんのところに実際に入って設計から製造、搬入して設置、メンテナンスまでしっかりやります。
自分も未だに作業服着てドロドロになってやっています。
--- この会社はいつ頃から始められたのですか?
    大学卒業後は大沢商会で宝石を売っていました。しかし半年ぐらい後、突然会社がつぶれそうだと言う話になって(1984年2月に倒産)
どうしようかと思っていたとき、大学の先輩がこのプリント基板の製造機械の仕事をやっていて、ウチに来ないかと誘われて
しばらくそこでやっていました。その後先輩と折り合いが付かなくなり、大阪の商社と組んでこの仕事を始めました。
その会社がここの前身です。そして5年前にそれを買い取ってこの会社を作りました。つまり全て自分で始めたというわけです。
社員8名+下請けさんでやってます。ファブレス(工場を持たずに製造をやる)ですね。
--- 今苦労しているところはどこですか?
    やはり人の問題です。技術系の人を募集してもなかなか集まらない。みんな大手に行ってしまうんですね。
これは考え方次第だとは思うのですが、たとえばトヨタに行っても上に上がって自動車全部をやる人は一握りですよね。
しかし、ここに来れば全体の設計からメンテまで1から10まで自分1人に任される。
それが仕事のやりがいになり楽しみになると思います。是非優秀な若い人に来てもらいたいと思います。
--- ところで堀君は法律学科卒ですよね。今の仕事は畑違いの様な気がしますが・・?
    卒業して実際の社会の中で覚えました。英語なんかも全然しゃべれなかったけど今は海外のお客さんとアーだコーだやっています。
在学中は徹底して体育会を楽しみましたから(笑)。
「森吉平」
--- 124三田会の代表に森吉平君がなった経緯を教えて下さい。
    実は同期の体育会本部の代表は安西君だったのだけど、留年で卒業式の挨拶が出来なくなってしまいました。
そのとき自分が副代表だったので代わりに卒業式の挨拶をしました。
その後9年たった頃、10年先輩からちょっと来いと呼ばれ日比谷の東天紅に行きました。
いきなり貴賓室に通され10年上の諸先輩に囲まれて「おまえはやるんだ!」と言われました。
その後体育会の集まりの時その話をしたら吉平がやってくれる事になりました。
彼の方が押し出しが良いし、何かすんなりまとまった感じでした。
決して押しつけた訳ではありません(笑)。
「岡田事務局長」
    同じ普通部出身だけど高校大学を通してほとんど接点はありませんでした。
本当によくつきあう様になったのは124三田会でです。20年目の連合三田会で特に親しくなりました。
凄く熱心に活動してくれる人で塾高が甲子園に出たときなんかは応援にまで行ったりして、塾員として非常に熱心な人です。
大変尊敬しています。
「大同窓会」
    今年の3月に一つ上の代の大同窓会に行ったのですが、もの凄く楽しかった。
下の代の自分がこんなに楽しかったので自分の代の人たちといっしょならこんなに楽しい事はないのではないかと思います。
ノルマがどうのこうのではなく、あいつと何年も会ってないから会いたいねから始まって、みんなで声を掛け合って
俺も行くからあいつも誘おうよと言う連鎖的な反応が出てくれる事を望んでいます。
寄付で腰が引ける人もいるかもしれないけれど、1年1000円で25年で25000円ぐらいの感じで負担に思わずにやってくれるとありがたいです。
(ちなみにコンビニ振込用紙は20000円になっていますし、寄付は5000円でもOKです。)
大同窓会はそれにも増した楽しみもあるし、それからの発展もある。
みんなに是非参加して欲しいと思っています。
1回でも声がかかってこのHPを見た人はスタッフになったつもりで、寄付はとにかくとしていろいろな人に声をかけて頂きたいと思います。
こんな事を言ったら寄付の担当に人に怒られちゃうかな(笑)。

続きを動画で見る
(前半)
(後半)



>同期生情報 インデックスに戻る