慶應124三田会

慶應124三田会 トップページ>124三田会とは
124三田会とは 慶應義塾大学の同窓会は通常『三田会』と呼ばれ、卒業年度、地域、職域、大学時代のクラブなど800以上もの会に分かれて構成されており、それらを包括する組織として「慶應連合三田会」があります。
124三田会とは卒業年度別に構成される年度三田会の一つであり、塾創立から124年目にあたる1983年(昭和58年)に大学を卒業した卒業生全員(約6,000名)を構成員として組織されました。
124三田会の組織は、慶應義塾を1983年に卒業した方、さまざまな理由(留年・留学・病気など)により他年度の卒業となった方、或いは慶應義塾に入学したが卒業せずに他の学校に移られた方など、自らを124三田会の所属と感じていただいている方々により構成されています。

>絆 -活躍する同窓生-